いつまで食べれる?マーナのパン冷凍保存袋で試してみた

高級食パンが流行っていますね、、。
せっかく購入したのだから、冷凍しておくという方が多いのではないでしょうか。
でも気になるのが、日持ち。
カビることはないにしても、風味が落ちたり、冷凍焼けしたら台無しです。
そんな悩みを解決してくれたのがマーナのパン冷凍保存袋
今ではトーストにしたり、サンドイッチにしても美味しく食べることができています。
今回はそんなマーナのパン冷凍保存袋のご紹介をしていきたいと思います♪

マーナのパン冷凍保存袋とは

一般的に食パンを冷凍した場合、2週間から1か月ほど日持ちすると言われています。
冷凍焼けしないようにしっかり冷凍すれば、1か月は大丈夫ということです。
空気を通さないことが、冷凍焼けや臭いを防ぐんですね。
マーナのパン冷凍保存袋はアルミを挟んだ三層構造になっているので、ジプロックよりも圧倒的に空気を通さないつくりになっています。
アルミホイルで包んでもいいようですが、使いまわしはできないし、隙間を作らないよう包むのが大変ですよね。
マーナのパン冷凍保存袋は、チャック部分が破損しない限り何度でも使うことができるので便利でお得なんですよ。

マーナのパン冷凍保存袋とジプロックで比較してみた

マーナのパン冷凍保存袋は2枚入っていて、6枚切りの食パンなら一袋に3枚入ります。
このまま冷凍するだけですが、パンがつぶれないように冷凍庫の配置を決めることが重要なようですね。
洗って繰り返し使えますが、一枚ずつラップをしておけば洗う手間が省けます。
2週間後、食パンを取り出してみましたが、袋の中に水滴は全くなくサラサラな状態で凍っていました。


右側がジプロックで凍らせた食パンですが、ジプロックに水滴がついていますね。
冷凍庫の開け閉めで、この結露が繰り返されれば冷凍焼けし、風味もなくなっていくのがわかります。
どちらも焼いて食べてみましたが、マーナ保存袋のほうは中がしっとりしていて外はサクッとしているのに対して、ジプロックのほうはパサパサなトーストになっていました。

マーナの冷凍保存袋を使ってみた感想

2週間経っても臭いもなく、ふっくらしていて美味しく食べることができました。
1か月は大丈夫だと確信しましたが、我が家の場合はそんなに冷凍しなくても食べ終わってしまうので2週間で充分です。
冷凍庫の空きがあれば、再度購入して増やしていきたいですね。
再利用できるのでお得、一度使ってみてください♪

ぱん子
パンの買いだめしちゃおうかな♡

 

にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ